知らないで損する:Facebook Pageのフォローを成長させるコツ10(画像説明)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Pageを運営していてもなかなか成長しないことに困っていませんか?

海外のソーシャルメディアについての本と記事を読んで「Facebook Pageのフォローを成長させる秘訣10」をまとめたので、皆さんもぜひ実践してみて下さい。

 

#1 他のPage運営者と交流する

自分の Facebook Pageと条件が似ている他のページの運営者と交流することはとても良い戦略です。そうすることによって、互いにページを宣伝し合うこともできるし、ページの成長につながります。

なので、もしあなたはグレープフルーツのページを運営していたら、近くにあるパスタの店など共通のお客さんを持てそうなページと交流したらいいです(オーナーさんとも既に現実の知り合いかもしれない)。オーナーさんと話して、たまにちょっとした互いの宣伝をし合ったり互いの投稿をシェアーし合ったりということをしたら、ページの集客率が上がるに違いないのです。

 

#2 オリジナルなコンテンツをシェアする

コンテンツはいつまで経ってもウェブビジネスの王道です。コンテンツが人にシェアされたら、あなたのページ名もついでに拡散していきますね。今から新しい方法を考えてオリジナルな写真をコンテンツに入れましょう。

例えばウェブサイトの出来事のスクリーンショット、ビジネスの裏で起きていることの写真、また人の心を打つ言葉を写真におしゃれに記すのもいいかもしれません。

ただ一つ、写真の著作権について慎重にしなければなりません。下の例で写真とページをどうやってブランディングしているかを見てみましょう。

ページブランディング

あなたのFacebook Pageとオリジナルなコンテンツは写真とともに拡散していく

 

 

#3 ページを自分のプロフィルでタグ付けたり、コンテンツをシェアしたりする

友達が「いいね」を押しやすいために工夫しなければなりません。ページはニューフィードに見られる確率が低いってこと皆さんもご存知ですよね。こういう時に、時々ページの情報を自分のプロフィールでシェアすることをおすすめします。

自分のビジネスページをタグ付けしたほうがいいです。( @ を打ってからページ名を入力し、マウスをページ名のとこに置いたらドロップダウンのメニューができる)読む人がマウスをタグされたページ名に移動したら、ページの「いいね」をクリックする画面が出てくるので、「いいね」クリックしてもらいやすいです。

 

タグ付けシェア「いいね」クリックしやすい

Pageをタグ付けしたら、ニューフィードの画面から離れなくても簡単に「いいね」できる

 

 

#4 自分のプロフィールをページとつなぐ

これはとてもシンプルなステップですが、その効果があまり知られずやっている人が少ないのです。他人が自分のFacebookプロフィールをチェックしたりしているときに、ついでに自分のビジネスページを教えてあげたらいいのではないでしょうか?

自分の勤務先のところによく自分の会社だったり、学校だったり書いてしまうことが多いですね。そうしたら、その勤務先のページが「いいね」クリックされるので、自分のページがクリックされるチャンスを見逃したことになるのですね。

改善策としてその勤務先を削除し、自分のビジネスページを入れましょう。
情報のセッションで「編集または削除」をクリックします。(ペンのアイコンになっている)

勤務先をページに変更

あなたのプロフィールはページとつなぐべき

 

 

勤務先削除

「情報」セッションをクリックし、「編集または削除」をクリックする

 

 

ページ名を入力

自分のページ名を入力し、ドロップダウンメニューからページを選ぶ

 

 

#5 Eメールの署名に Facebook を追加する

あなたは一日何通のメールをしていますか? 今のメールサービスは署名機能も充実しており、署名のところにクリックできる Facebook のアイコンを追加することも簡単になりました。

メールを送るついでに、自分のページも宣伝しましょう。

 

 

# 6 他のページにコメントする(自分のページのように丁寧に)

これはページをもっと多くの人に見てもらうとても良い方法の一つです。自分のお客さんが「いいね」した他のページをも「いいね」し、ホームフィードで投稿を見たら丁寧にコメントをします。

自分のビジネスページを自分の Facebook プロフィールのように使い、いろんな人と多くの交流をすることです。

真剣に会話をし、お客さんと真実の友情関係を築くことがポイントです。

忙しくてあまりこういうことできないという人もいるかもしれませんが、隙間の時間を使ってまでも続けてみてください。後になったら効果が出てくるので、やってみる価値はあります。

他のページを「いいね」をし、「ホーム」から他のページの投稿を見て丁寧にコメントする

他のページを「いいね」をし、「ホーム」から他のページの投稿を見て丁寧にコメントする

 

 

#7コンテストを開催する

コンテストを開催することは新しい「いいね」を集めるいい方法の一つです。少しお金を使ってしまいますが、マーケティング費用として見たほうがいいです。

コンテストを作るアプリは沢山あります(Facebookコンテストはアプリを使って作らなければならない)。安くて使いやすいアプリも多いので、作ってみてください。

コンテストの開催は自分の商品の宣伝にもいいし、サービスを面白くする効果もあります。ページの「いいね」ボタン押しをコンテスト参加の前提条件としてアプリに設定しておいたら、自分のページの「いいね」を集めることができます。

また、Eメールを送るときもコンテストを宣伝してついでに、自分のページを見ていただくチャンスも増えますね。正に一石多鳥の戦略なのです。

商品を宣伝すると同時に、新しい「いいね」を集める

商品を宣伝すると同時に、新しい「いいね」を集める

 

#8 ビジネスカードにQRコードを加える

一日何枚のビジネスカードを配っていますか?名刺交換した人にも自分のページを知らせましょうKaywa や QRstuff などのサイトでは簡単に無料QRコードを作れます。

上記サイトで作ったQRコードを自分の名刺の裏につけたらページの成長につながりますよ。

 

#9 ページを Facebookの広告に出稿する

Facebook では広告の掲載方法が沢山あります。一番効率よく「いいね」を集めるために、 “Sponsored Like Stories”を使うことをおすすめします。(日本語版では「スポンサー記事の作成」)

この機能を使ったら、自分のページを「いいね」押した人の友達のホームフィードにあなたのページの情報が表示され、しかもその人の友達は「いいね」を押しているよという表示も示すのです。

Sponsored like stories はあなたのページのファンの友達をターゲットしています。もっと細かい設定でターゲットの指定もできるので、Facebookでやってみてくださいね。

広告を作成するのはそんなに難しくないので、うまく予算を立てていたらいい結果が出るのです。

「スポンサー記事の作成」を使ったらページの「いいね」は集めやすくなる

「スポンサー記事の作成」を使ったらページの「いいね」は集めやすくなる

 

#10「いいね」ボタンを自分のサイトに設置する

「いいね」ボタンは沢山の「いいね」を集めてくれるのです。恐らく大半の「いいね」はサイトの記事などから集まることでしょう。

ネット上「いいね」ボタンの設置ボタンは沢山あるので、私が参考にした記事を紹介しますね。私は Sharebarというプラグインを使っているので、それに関する記事を紹介します。

 

小林さんのブログ ー In advance only の記事
ソーシャルボタンSharebar(シェアバー)の使い方と設置方法。WordPressプラグイン。

 

なる好ど!

これらのちょっとした工夫であなたのページフォロワーはぐんと伸びるのでしょう。

後はページの状況を常に観察することですね。Facebook Insights (ページの統計データ)を見ながら、どの工夫が効いたかを観察し、一番最善の戦略を練ることが大切です。

あなたは他にどんなページを成長させる方法使っていますか?
よろしければご意見をお聞かせください。

A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.