日本人を怒らせる10の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

前に書いた英語の記事 10 Ways How to Piss Off a Japanese が SNSでシェアーされて、日本語版も書いて欲しいとのコメントをもらったので、日本語で翻訳します^^

日本に住んでいて気づいた驚きの一つで、日本人はあまり怒らないこと。(マレーシア人と比べたら)

 

約束に遅れたら… 日本人は「大丈夫」と言う
グループワークが失敗したら… 日本人は「大丈夫」と言う
誰かにぶつかったら…日本人は「大丈夫」と言う

 

他にも沢山の例がある。どれもマレーシアでは殺されるところだろう。(大げさ笑)

私が見た限り、日本人はあまり怒りを公衆に見せないようだ。でも日本人は本当に怒らないのか?

 

 

違う。

 

 

日本人にはこういう文化があるんだ、本音と建前、つまり、人前では自分の本当の感情(本音)を隠し、他人に好まれるような行為(建前)をすること。これはつまり…

 

日本人が怒っているかどうか、あなたに知るすべがない

 

しかし、日本に4年間住んで、私は彼らを怒らせる方法をいくつかを見つけたんだ。今日はそれらの方法を皆さんに紹介したい。

 

日本人を怒らせる10の方法

How to piss off a Japanese

p/s これらの方法が全日本人に通用するわけではない。

#1 会話を中断する

日本人の会話を中断したら、あなたは間違いなく彼を怒らせる。面白い事に、話している人よりも、聞いている人のほうが先に怒ってしまうことに気づいた。

マレーシア人は会話の途中でいろんな質問をするくせがある。例えば「どうやって?」「何で?」「誰?」とか。聞いているうちに頭の中にいろんな質問が浮かんでて聞かずにはいられないんだ。それに対して、日本人は「先に耳を傾けて、質問は後で」という文化があるようだ。だから日本人はしばしば「聞き上手」とされる。

#2 KY になる

例えば、皆が頑張って一人を励まそうとしているのに、あなただけネガティブな言葉を発したら、あなたは KYだとされる。日本では、常に周囲の人を配慮しなければならない。彼らは次に何をしようとするのか?周りの多くの人は何を考えているのか?

空気がよめなかったら、あなたは日本人を怒らせる。

#3 言い訳をする

日本人には「謝罪」の文化があるが、残念な事に、「謝る理由を説明する」文化がないんだ。日本では、あなたは犯した過ちについて謝罪することを期待されるが、その理由の説明は期待されていない。全ての理由は言い訳にしか聞こえないからだ。

「タイムマネジメントが悪かったので。。メンバーたちがなかなか集まらなくて。。。などなど」

だったらアレンジすれば?日本人は「なぜ?」を聞きたくない傾向があるようだ。「なぜ?」というよりも、「どうやって?」のほうが重視される。これからどうやって直す?どうやって改善する?

言い訳すれば、日本人を怒らせることに成功するに違いない。

#4 先輩に挨拶をしない

私は個人的にあまり好きではない文化ー厳しい上下関係。(韓国は日本より厳しいかもしれないが)日本では、先輩に挨拶をしないと、部活にせよう会社にせよう、彼らは怒る。

マレーシアでは、その人が挨拶してくれないと、私たちはよく「自分も彼に挨拶していないから、何とも言えない」と思って済む。日本では、そうはいかない。あなたが目下だったら、挨拶しとけという。

先輩に挨拶しない?怒るぞ!

#5 何の知らせもなく遅刻する

冒頭で「遅刻しても『大丈夫』っていわれる」と言ったが、日本人は「大丈夫」を言いつつ、実は心の中にいらついているんだ。

日本人は世界一時間を守ると言ってもいいだろう。何の知らせもなく遅刻することは許されない。知らせずに遅刻したい?怒るぞ!

#6 口に食べ物を食べながら話す

日本人は食べながら話したいときに、手を口の前に置いてカバーする。口に食べ物があるときは話さないんだ。

食べ物を口にしながら話していたら、しかも食べ物は口から吹き出ていたら。。。おめでとうございます。あなたは日本人を怒らせることに成功しているはず。笑

#7 許可なしで人の物を使う

日本人はプライバシーにとても慎重である。何でも、ほとんど何でも!プライバシー侵害になりそうなもの、あなたは「使ってもいいですか?」と一言許可を聞かなきゃ。

許可なしで人の物を使ったら、日本人を怒らせるよ。

#8 写真をSNSに無許可にアップする

前にも言ったが、日本人はほんーーーとうにプライバシーにこだわっている。彼らと写真を撮ってから無許可に Facebookにアップしてしかもタグ付けしたら、怒り出す人がいる。

これはとても面白い現象で、私はいつも日本人にこう聞かれる。「シェン、写真を Facebookにアップしてもいいですか?タグ付けしてもいいですか?」と。マレーシア人の感覚では、もしアップして欲しくなかったら、最初から写真を撮らなければよかったじゃん?写真を撮るなら、アップされるという前提で撮るはずだと。

#9 日本人に「中国人っぽい」という(人による)

さあ、少しセンシティブな話題に入った。私は決して民族差別主義者ではない(自分も中国系マレーシア人だし)、ただ自分の経験をここで語っているだけで、ご了承ください。

正直に、大部分の日本人は中国にいい印象を持たない。中国と言えば、彼らは「海賊版、汚い、汚染、礼儀悪い」といったことを思い出す。だから「あの、あなたは中国人っぽいって言われたことない?」と彼らに言ったら。。。

まあ怒りは見せないが、心の中に怒っている人もいるだろう。

#10 「尖閣諸島は中国のもの」だと言う(人による)

#9と同じ、決して差別ではなく自分の気づきを書いているだけ。

何回か「尖閣諸島は中国のものだ」と言われた日本人が怒ったのを目にした。一方、この問題に何の関心も示さない日本人もたくさんいるが。。。

なる好ど!

日本人は自分の本音を隠し、公衆の前では建前を見せる傾向がある。彼らは決して怒らないわけではない。彼らのタブーに触れたら、怒り出す人もたくさんいる。(内向的に)

他に日本人を怒らせる方法を思いついたら、コメントで私たちとシェアーしてくださいね ^^

Shen Lim
A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.

Leave a Reply