ビル・ゲイツ名言|学校では教えてくれない人生で役に立つ11のルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

最近とても将来について真剣に考えるようになっている。こういうときに、成功者のアドバイスをもらわないと、人ってすぐ間違った道に進んでしまいがちだよね。ある先生がこう言っていた。

歴史を学ぶことは、過去を省み、現在を知り、将来を考えるということ。

私たちは過去を知らないと、今どんな状況に置かれているかが分からず、将来どう進んでいけばいいか分からないものだ。こういうとき、成功者のアドバイスを参考にすることはとてもいいと思う。成功者たちは失敗し、挫折し、だめな道を知っているのだ。彼らのアドバイスを聞けば、失敗を防ぐこともできるだろう。

なので、今日はビル・ゲイツさんからアドバイスをいただこう^^ビル・ゲイツさんはある大学の卒業式で以下のように大学生たちに薦めた。

関連記事:人生を輝かせるMark Twain 名言11

学校では教えてくれない人生で役に立つ11のルール

成功の鍵

1、人生は公平ではない。それに慣れよ。

2、世界は君の自尊心を気にかけてはくれない。君の気分に関係なく世界は君が仕事を終わらせることを期待している。

3、高校を出てすぐ6万ドルの年収を稼ぎはしない。携帯電話(当時は高かった)を持った副社長にもならない。自分で両方を稼ぎ出すまでは。

4、先生が厳しすぎると思うなら、上司を持ってみろ。

5、ハンバーガーを引っくり返すということは沽券(こけん)にかかわることではない。君たちの祖父母はハンバーガーを引っくり返すことを別の表現を使った。それはチャンスと呼ばれた。

6、君が失敗したらそれは両親のせいではない。文句を言わずに学べ。

7、君らが生まれる前は、君らの両親は今のように退屈な人たちではなかった。そんな風になったのは、君らのために支払いをし、服を洗い、君らがどんなにいけてるか、という自慢を聞いているうちにそうなったのだ。親の時代から生存する寄生虫から森を守る前に、自分の洋服ダンスのダニ駆除から始めよう。

8、学校は勝者・敗者を決めなくなったかもしれないが、人生は違う。学校によっては君が落ちこぼれないようにしてくれたり、正しい答えが導き出せるまで、何度でも機会をくれる。実際の人生とは全く似ても似つかない。

9、人生は学期ごとに分けられていない。夏休みは無いし、ほとんどの雇用主は君が自分を見出すことに興味を持たない。それは自分の時間にやれ。

10、テレビは本当の人生ではない。 現実では、人は喫茶店にいつまでもいられるわけはなく、仕事に行かなくてはいけないのだ。

11、オタクには親切にしよう。彼らの下で働く可能性が高い。

 

なる好ど!

歴史を学ぶことは、将来を考えることでとても大事なことだね。ビル・ゲイツが言ってくれた11のルールは、彼が成功に挑む道でだめだと気づいた事に違いない。

私たちもこの11のルールを大学生のうちに頭に入れておいたほうが、将来社会に出たら心が折れにくくなると思うよ^^

Shen Lim
A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.

Leave a Reply