大学生卒業前にやらなければならない4つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

皆さんは大学生を卒業する前に何をしなければならないと思いますか?

TOEFL 900 点!
公務員試験合格!
教職資格をとる!
就活頑張る!

大学卒業は社会人になることを意味する。社会人になるために、やはりこれらのものが必要になるだろう。しかし、私たちはよく「働くために何が必要か」を考えてしまいがちだが、本当に考えなければならないことは、「何のために働く?」ということだと思う。

「そりゃお金のためだろう!」という人もいるだろう。

働いてお金はもらえるはず。その後は?あなたは何のために働いてお金を得ようとしますか?

今回の記事で、私は「何のために働く?」ということを探るために、大学生卒業前にやらなければならないことを4つおすすめしたいと思う。

この4つのことは、先週グローバル・シェーパーズ・キャンプに参加してきて、身をもって体感したもので、ぜひ皆さんにもお伝えしたいと思います。

p/s グローバル・シェーパーズ・キャンプについては文章の終わりに紹介します。

1、自給自足を体験

自給自足生活

かつて私は卒業して、いい職について、お金を稼いで、家を買って、車を買って、という生活が人生の幸せだと思っていた。しかし、よく考えてみると、これらのことは、所詮人間が作った社会の枠の中に繰り返される幸せだけなのではないだろうか。

では、お金、もしくは物質的生活を求めない幸せはあるのか?

今回のキャンプの会場である廃校となった小学校は、住民によって共育学舎となって、誰でも住民の農作業の手伝いをすれば、長く住み込むことができるという場所になっている。ここにいれば、皆で育てた野菜を、皆で料理して食べることが毎日のタスクである。

ここで出会った人は背景に関係なく、皆共同で自給自足生活を行うのだ。朝6時から畑で農作業したり、学校の掃除をしたり、料理を作ったり、テレビはもちろん、パソコンを使うこともない生活の中で、私は忘れられがちな、日常生活の幸せに沢山気づいた。

皆で一緒に「いただきます」といって、買ったものではなく、育てた野菜で作った料理を食べるとき、幸せだ。それまでにないほど、食事の時間にわくわくする毎日だった。テレビなど電子機器のない遊び、子どもたちの笑顔が鮮明に記憶に残る。人の笑顔はそんなに幸せに感じられるんだなーと思った。

就職したら、あなたは何のために働くのだろう?幸せのためにお金を稼ぐというなら、まずその幸せとは何かを、明確にしようではないか。きっと、自給自足の体験で、「幸せとは何か?」ということに、何かの気づきがもらえると思う。

2、自然と触れ合う

大学生卒業前にやるべきこと自然と触れ合う

スマートフォンと星空、あなたはどっちをよく見ますか?

スマートフォンをよく見る私たちの生活は、知らないうちに様々な情報をゲットしようとする。何でもゲットできると思ってしまう。時には惑わされて自分を失ったりもする。

星空を見てごらん。あんなに綺麗で、シンプルで、しかし手の届かないところにある。川を見てごらん。永遠に流れ続いて、きりがない。山を見てごらん。山と山を繋げる吊り橋、少し油断したら死ぬかもしれない。雄大な自然を、私たちはどうしてもコントロールできない。私たちはいかにちっぽけな存在であるかを思い知った。

それでも私たちはちっぽけな社会で、短い人生をかけて何のためにあるかも知らない、お金のために働き続ける人が沢山いる。お金は自然の中に持っていったら、何の価値もない、ただの紙か金属になってしまうだろう。もちろん、皆田舎生活をしろと言っているのではなく、お金の価値はちょっと場所が変わるだけで無意味になってしまうことが分かってしまったら、無闇にお金のために働くこともやめたほうがいいと言いたい。

自然と触れ合うことで、私たちは人間社会から抜けて一休みをとれる。「お金のために働く」よりも、「幸せのために働くべき」ということが感じられるだろう。

3、自分のためではなく、人のために

卒業前にやるべきこと人のためにすること

自分のために成長することは、限界がある。人のためなら、可能性は無限である。

キャンプでは、盆踊りの祭りを作ることがあった。私たちはやぐらから作って、屋台の準備なども自分でした。屋台が5−8個ぐらいあって、ほとんどが廃校に泊りに来た人たちがやっていた。

たった70人ぐらいの地元の住民のために作り上げる盆踊りだった。今まで見た一番小さい規模の祭りだった。一所懸命作った焼きおにぎりが売れなくて余ったり、一所懸命完売したワッフルを利益で考えたら時給200円だけだったり、何の利益もない話だったのでは?

けれども、私たちが頑張って盆踊りを作ったから、来てくれたおじいちゃんおばあちゃんは踊れて笑顔を見せてくれた。この地域もお盆に寂しくないなーと元気になってもらえた。来年もまた盆踊りがあると。自分のためだけ考えたら、とても損する話になってしまうが、おじいちゃんおばあちゃんのためと考えたら、この地域に元気を与えることの意味はとても重大だと思える。

人生は利益追求ばかりのものではない。卒業する前に、一度自分のためではなく、人のために何かをしてみたら、自分にとっての幸せに気づくかもしれない。

4、人と出会う

人と出会うこと

人生が変わる理由は大体二つであると誰かから聞いたことがある。それは、本を読むことと、人に出会うこと。

私はこのキャンプでいろいろな人と出会った。社会人のほうでは、議員の方、コンサルタントの方、IT企業の社長さん、有機栽培会社の社長さん、指輪端末技術を研究している方など、参加者のほうは小学校の子どもたち、高校生、大学生、進路に迷っている方、様々な人とこの廃校で出会った。

話し合うことによって皆のそれぞれ歩んできた人生について知り、様々な生き方があることを学んだ。出会った人の経験を聞くことによって、自分にふさわしい生き方を模索する事ができる。些細な一言でも、自分の人生の転機となるかもしれない。

大学卒業する前に、できれば多くの異なる背景を持った人と出会おう。

————–

グローバル・シェイパーズって?

キャンプを実施するのは、Global Shapers Community (グローバルシェイパーズコミュニティー、略称 GSC)大阪拠点のメンバーです。

GSCは、国際非営利組織である世界経済フォーラムが集めた、社会課題の解決に挑戦する20代からなる組織です。世界250の都市に拠点が設けられ、役2500名のグローバルシェイが活動しています。

キャンプの写真を皆さんと共有します 🙂

グローバルシェイパーズキャンプチラシ

グローバルシェイパーズキャンプチラシ

和歌山県熊野川にある廃校でキャンプ

和歌山県熊野川にある廃校でキャンプ

廃校の周り

廃校の周り

廃校の周り景色

廃校の周り景色

熊野川廃校キャンプ寝室

誰でも泊れる寝室。毎日知らない人が泊りに来る

熊野川廃校キャンプ

保健室

廃校は管理されて、誰でも泊まれる共育学舎になっている

廃校は管理されて、誰でも泊まれる共育学舎になっている

廃校図書室

図書室

布団は自由にとれる

布団は自由にとれる

昔の子どもが残した絵かな?

昔の子どもが残した絵かな?

欲しい本は自由に

欲しい本は自由に

風が吹くと回る。とてもいやされる

風が吹くと回る。とてもいやされる

廃校の教室

廃校の教室

未来はどんな曲を引く?

未来はどんな曲を引く?

いつのまに遊び相手がいなくなった

いつのまに遊び相手がいなくなった

ご飯と活動は全てこの部屋で

ご飯と活動は全てこの部屋でする。ただいま自分の人生を振り返る活動中

自給自足の生活。皆で一緒に食べる喜び

自給自足の生活。皆で一緒に食べる喜び

うちの班がお祭りに出す屋台は、ワッフル金魚すくい!

うちの班がお祭りに出す屋台は、ワッフル金魚すくい!

実際の金魚がいなく、iPhoneのゲームをプロジェクターを通じてテーブルにうつし、カメラが動きを認識できるポイを作り、テーブルに映った金魚すくいのゲームをする。

実際の金魚がいなく、iPhoneのゲームをプロジェクターを通じてテーブルにうつし、カメラが動きを認識できるポイを作り、テーブルに映った金魚すくいのゲームをする。

やぐらは炎天下でゼロから作った

やぐらは炎天下でゼロから作った

子ども達も出店。売り上げ一番だったのがこのかき氷!

子ども達も出店。売り上げ一番だったのがこのかき氷!

超美味しい焼うどんは200円一食!

超美味しい焼うどんは200円一食!看板はそこに泊りにきた若手漫画家に書いてもらった

人数少ないが、楽しい盆踊りだった

人数少ないが、楽しい盆踊りだった

川辺でキャリアデザイン活動中

川辺でキャリアデザイン活動中

キャンプ参加者、ただ泊まりに来る赤の他人、皆一緒になって川遊び

キャンプ参加者、ただ泊まりに来る赤の他人、皆一緒になって川遊び

川遊び前の準備運動

川遊び前の準備運動

I流されそうめん。流されながらそうめnを食べるという活動w

子どもに教えてもらった流されそうめん。流されながらそうめnを食べるという活動w

スイカ割りも炎天下で

スイカ割りも炎天下で

ご飯は釜炊きで

ご飯は釜炊きで

Shen Lim
A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.

This Post Has 2 Comments

  1. Pingback: 注意:大学に通う必要はある? | Naruhodo! OIC Japan!

  2. Pingback: 世界を笑顔主義に変える|高校中退して19 歳で起業したアトレ社長後藤将の言葉に感銘を

Leave a Reply