この人に気に食わないな|気難しい人への対処法4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

この間サークルの雰囲気を体験するために、あるサークルの花見イベントに行ってきました。平野神社(京都)に着いたとき、入会に興味がある新入生が沢山いて、ざっと見たら私だけが3回生のようでした。

その日は朝から晩まで授業があったため、疲れていてあまり話したくなかったので、黙って活動の指示を待っていました。そこで、そのサークルの先輩メンバーが私の隣に立って、こう言いました。

 

「なになになに?どうしたの君?なに一人でたそがれてんの?」(周りの新入生たちは互いに会話しはじめていた)

いきなりそんな言葉言われて私も反応できず、笑顔で「いや何でもないですよ」って言い返しました。そこで、その人また言いました。

 

「なにかっこうつけてポーズしてんの?」

この時はさすがに私でも、ちょっと怒りました。

私は決して怒りっぽい人ではないので、今回は本当にその人のコミュニケーション能力に怒りました。(その時は黙っていたけど)今から思えば、そのときもし本当に怒りだしたら大変なことになっていたかもしれないんですね。やっぱりこういう自分が苦手な人には対処法を準備しておかなければならないなと思いました。

ということで、今回は「気難しい人への対処法」について紹介します。

これに加えて「ポジティブな言葉とネガティブな言葉」をも意識しながらやったら効果的になるのです。

ちなみに、その人に「自己紹介の方法」を学んでほしいところですね。

 

4 Secrets To Getting Along With Difficult People

気難しい人への対処法4つ

気難しい人対処法

生活の中で気難しい人に出会すことは誰にでも必ずある経験です。例えば同僚、クラスメート、家族、元カノなどなど。

あなたなら、彼らとどうやって会話していますか?ケンカを売ってしまいますか?それとも何か対処法をとっていますか?一体どうやって怒りを押さえてケンカ売らずに済めるのでしょう?

まず次の4つの対処法を見てみて下さい。

1、自分の”引き金”を知る

人間は皆他人に最低限守って欲しいルールがあるはずです。「それを引かれたら撃つぜ」という引き金みたいのものがあるのです。そして大体気難しい人は自分の引き金を知っているのです。あなたは自分の引き金を知っていますか?

LifeHackさんはこう言っています。

自分の引き金を知ったら、あなたは自分を武装させることができる

つまり、自分にとって「やられちゃだめ」なことをまず考えてみましょう。身長について言われたらだめ?許可なしに自分のものを勝手に使われちゃったらだめ?お金?政治?家族について触られたらあかん?

これらの引き金を見つけたら、今度は計画を立てるのです。

ちょっと”引き金を引かれそう” になったときは、深呼吸する、話を休止する、会話から離れる、それとも三つ一緒に実施してもいいです。別の方法でもかまいませんが、できれば自分を冷静にできることをしておくことです。

 

2、”止まれ” 言葉

「そうですね」
「なるほど」
「そうですか」
「そのとおりですね」

という言葉を使ってみましょう。相手が何を言ってもとりあえず「同感」を示す言葉で返しましょう。そして相手はそれ以上あなたを議論に引き込むことをやめるからです。

 

3、”議論してやる” という罠にはまらない

気難しい人はあなたと議論することを期待しているのです。話すときに考えてみてください。あなたがこれから話そうとすることは、自分の立場を説明する?議論する?弁明する?いずれに当てはまったら、やめろ!

気難しい人の考え方を変えることは不可能だ。そうでないと、あなたも彼のことを気難しいと思わないだろう

 

4、慈愛心を起動させる

最後のこの方法はあなたとその人の関係を180度良くしてくれるかもしれません。それは「相手がこのようなとっつきにくい行動をとっているのは、背後に何か理由があるだろう」という思いやりの心を常に持つことです。

ある人は安全感と安心感を得るために、他人をいじめたり、コントロールしたりすることによって周りの注目を浴びようとする(たとえネガティブな注目であっても)。また、ある人は他人に悪意を示すことによって自分のアイデンティティを守ろうとする。

要するに、彼らは本当は悪くないんです。彼らがそんな行動をとるのは自分を守るために自発的に無意識的にやっていることかもしれません。その無意識的な側面まで見てあげられると、あなたとその人の人間関係は180度違う展開が起こります。

あなたが「気難しい」と思っている彼らも、彼らなりに人間として頑張って人と仲良くしようとしているわけで、ただ方法が違うだけです。つまり、もう一歩踏み込んで、相手の裏事情を考えてあげることは一番最善の方法です。

 

なる好ど!

人生の中で気が食わない人と衝突することは避けられないことだと思います。でも選択できたら、一人の敵を増やすよりも、一人の友達を増やしたほうがいいでしょう。友達は一生の財産になるので、できれば一人の敵を減らしましょう。

ぜひ上記の方法を使ってみてください。

もしあなたは他にいい方法があれば、コメント欄でご意見を聞かせて下さい。:)

Shen Lim
A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.

Leave a Reply