英会話上達のためにやってはいけないこと7つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

ちょっとあなたの状況を想像してみますね。

英語毎日新しい単語を覚えるようにしてるんだけど、全然会話が上手にならない?文法を長年勉強してきたのに、読むときは分かるけど、いざ話すとなったら、全然文章出てこない?

どうですか?何か経験したおぼえはありませんか?

私も実は日本に来るまで全然英語が話せなかったんですよ。>.< 日本に来てから、英語を話す機会が逆に増えて(APU という大学に入ったからかな)最初は英会話がうまくできなかったが、段々練習していくうちに、今のように、英語でブログを書いたり、英語でYouTube動画を作れたりできるようになりました^^

えっ?コツは何ですかって?そうですね、コツはうまく言えないんですが、「英会話学習のためにやってはいけないこと」を少し紹介はできます 😀

 

 
初学者の方に懇切丁寧なオンライン英会話スクールお探しですか?

 

英会話上達のためにやってはいけないこと7つ

英会話上達のためにやってはいけないこと7つ

1、恥ずかしがってはいけない

英会話を上達させるコツは一つだけ、それは「話すこと」。話して話してそして、また話すこと!

 

Courage is resistance to fear, mastery of fear – not absence of fear. – Mark Twain

勇気とは恐怖心に抵抗することである。
勇気とは恐怖への抵抗であり、

恐怖に打ち勝つことである。
恐怖がないことではない。ーマーク・トウェイン

英語がしゃべれないという言い訳をするのは皆の自由ですが、ただそれは英語上達には繋げてくれないことに理解しておいたほうがいいですね。知っている単語が少ない、発音が悪いから笑われそう、そんなの関係ないんです。上達したければ口を開けることから始めましょうね ^^

人には「英語が話せないよ」と言わないで下さい。それは「自己充足的予言」になるだけです。(Self-fulfilling prophecy, 人がある状況がほんとうにあると定義すると,結果としてその状況が現実に存在するものになる)

「自分は英語が話せない」と言ったら、英語を話すチャンス、上達するチャンスを諦めることと等しいです。覚えておいてね、英会話上達の方法は一つだけです。練習、練習、そしてまた練習することです。 😀

 

2、ミスを犯すことを恐れてはいけない

もう一つやってはいけないことは、ミスを恐れる事です。ミスを犯すことは人間として生きることの一部になっているから、いくら完璧な人間でも、いずれミスを犯してしまうでしょう。日本語で言えば「猿も木から落ちる」ですかね 😛
ミスを避ける方法は一つだけ、それは「やってみない」ことです。でもやってみなければ、もちろん練習にならず、上達は遠くなりますよね。

I’ve missed more than 9000 shots in my career. I’ve lost almost 300 games. 26 times, I’ve been trusted to take the game winning shot and missed. I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed. – Michael Jordan

これまでにミスしたショットは9,000以上、負けた試合は300近く、ウィニングショットを任されミスったこと26回。何度も何度も何度も何度も失敗した。でも、だからうまくいってるんだ。ーマイケル・ジョーダン

ミスを犯すことは、英語を沢山話している証です。何のミスも犯していない人は、英語を話す量が足りていないでしょう。もちろん、わざとミスを犯すんじゃなくて、ミスを意識しながら、今後の改善に努力することを言っています。 😀
よく日本人と英語を話すときに、文法に気にしすぎて言葉が出てこなという人が多いことに気づきます。実は、文法は最後に心配することです。まずは単語なんですよ。単語さえあれば、文法ができていなくても会話はできますよね。

ネイティブの人は「あんたの文法が悪いから、英語で話すなよ」とは言わないから、そこまで文法を完璧にしてから話すことはないんです。逆に考えてみましょう。目の前にいる外国人が日本語を一生懸命話そうとしてくれています。でも文法の間違いが多いです。「おまえ日本語の文法がおかしいからだまれ」とは言いますか?

言わないんですよね。逆に相手の「コミュニケーションをとりたい」という情熱に感動するはずです。英語も同じです、自信をもって、ちゃんと自分の意思を伝えようとする姿勢を取っていれば、前置詞がどうと、時制がどうと、関係ありません。コミュニケーションが大事なんですね。 ^^

ネイティブの友達から聞いたんですが、ネイティブの人でも正しく英語を話せていない人が多いようです。13年の英語教育を受けて正しく英単語の綴りができていない大学生が多いみたいです。

だからミスを恐れないで、逆にミスを大事にして次の学びに活かせるようにしましょう! 😀

 

3、自分の英会話レベルを謝ってはいけない

よく自分の英語レベルが低いからごめんなさいと言う人がいますよね。でも実は、聞いている人のほうは全然「あんたの英語が悪いから謝れ」とは思っていないんです。私は相手の英語力の高低にいらいらしたりしたことはないんですね。

もし英語が上手く話せないからといって、言葉で責めてくる人がいれば、その人は悪魔だと思ってください。その人の普段の趣味はたぶん猫を虐待したりすることでしょう。笑

もちろん、謙遜の意味で謝るとか、もっと上達したいと悔やんでいる意味で謝るとかはいいことですが、それでやけくそになったりしないようにしてほしいんですね。言語学習は努力がかかる長いプロセスなんです。何年学んだにせよ、何ヶ月勉強したにせよ、どれぐらいの努力をかけたかによるものなんです。自分をなめてはいけないぞ!

 

4、心を折ってはいけない

英会話学習の道は、挫折が伴うものです。あるとき、「何で日本語のようにうまく伝えられないだろう」、「何でこの言葉が出てこないだろう」といらいらすることがあります。

こういう現象は普通なことです。言語を学んでいる人なら、誰しも経験することです。英語の環境にいるならば、この現象は長くて何週間だけしか続かないし、週に1回2回しか英語を話さない環境っだったら、もっと長く続く場合もありますね。

乗り越える方法は一つだけです。それは練習、練習、練習すること!

一つだけ覚えておきましょう。この現象の原因は自分の頭が悪いとか、英語が難しいとかじゃなくて、この現象は誰でも経験することだということです。そんなに気にしないほうがいいですよ 😀

 
160時間後英語がぺらぺらになる秘密とは

 

5、理解してもらえないときに、悪く思ってはいけない

英語学習のためにやってはいけないこと7ついくら一生懸命話しても、相手に伝わらないときってありますよね。そういうときは、自分を悪く思ってはいけません。英語は世界の言葉だから、何億人もの英語話者がいることを知っておきましょう。そして、何百もの違うアクセントの英語があることも覚えておきましょう。

アメリカ人の友達とオーストラリア人の友達はときどき互いに通じないときもあるんだって。ネイティブ同士すら通じないことがあるから、私のアクセントで通じないことも普通だという考え方を準備しておきましょう。

また、相手が外国人に触れる経験が少ない人だったら、なかなか理解してもらえないこともありますよね。彼らは自分の聞き慣れた言語或は話し方で私たちと接しているから、自分の常識外の英語を理解できないときがあります。

こういうときは、「私の英語が下手か。。。」じゃなくて、ただ相手の異文化に触れる経験が少ないだけだと思っておきましょう。そう思ったら、自分は心が折れず、自信をもってどんどん話せますよ ^^

 

6、他の英語話者と比較してはいけない

今の英語レベルはどこにあろうと、それはあなたの努力した結果のレベルです。自分の成し遂げてきた実績を誇りに思ってください。他の人がどう思うかを気にしないで下さい。

もちろん、他人との比較もしないでください。人は皆環境ややり方などによって英語学習のペースが違うから、比較してもしょうがないんです。ロンドンで3年間留学してきた友達が英語ぺらぺら話すのを見ても、自分のやり方が間違っている わけではないし、気にしないで下さい。

他人の失敗を見て楽しむ人がいることも知っておきましょう。そういう人と比較したら、彼らの罠にはまってしまうだけです。彼らが自分をどう思っているかを心配している時間を、英語学習に使った方が効率的でしょう。

 

7、英語が堪能であっても、傲慢になってはいけない

Life (English) is a Journey Not a Destination

人生は旅であり、目的地ではない

英語がもし上手になったら、(あなたにとっての上手か、社会にとっての上手か知らないが)「もう英語を習った」という態度はやめてください。そう考えたら、必ず失敗がやってくるものです。

  • 常にもっと高いところがあるから、今のレベルをもっと練習しないと落ちます。
  • そう考えたら、人は怠け始めます。宇宙の原理とも言えますが、進化しない人は、退化するものでしょう。
  • 言語はあくまでもツールです。もっと大事なものはその言語のルーツである文化です。文法を全部完璧に使いこなせても、文化の深みが分からない人は、分かっていないと同じです。

関連記事:ネットで無料かつ楽しい英語学習法 

 

今日のなる好ど!

以上英会話学習のためにやってはいけない7つのことでした!さあ、今からすぐ口を開けて話しませんか? ^^

Shen Lim
A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.

Leave a Reply