注意:大学に行く意味はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

あなたは何のために大学に通っている?

 

有名な歴史家 Shelby Foote はこう言った。「A university is just a group of buildings gathered around a library.」

(大学というのは、ただ図書館を囲んでいる建物のことだけだ。)

Apple のスティーブジョブ、Microsoft のビルゲーツ、Facebookのマークザッカーバーグなどを見てごらん。彼らは歴史を変えた人物でありながら、誰一人大学の卒業式に出たことがない。

「彼らは天才だからじゃん!比べられないよ!」

そう、彼らは天才だから、私たちは彼らのまねをし、無闇に大学をやめてはいけない。けれど、彼らから「大学の卒証書は、成功への必須条件ではない」ことを学べる。では、私たちはなぜ大学に通うのか?

 

大学に行く意味は何?

注意:大学に通う必要はある?

1、人生の目標を探すため

Apple, Microsoft, Facebook などの偉人たちは、なぜ大学をやめたのか?それは彼らは自分の目標を見つけ、それに成し遂げる自信と能力があったと確信したからだと思う。大学の卒業証書は、彼らにとってもはや重要ではなかった。彼らは飛行機に乗るためのチケットを必要としなかった。彼らは自分の飛行機を作る自信があったのだ。

私たちも同じく、大学に通うことは、飛行機に乗るためのチケットを手に入れるためではなく、いつか自分で自分の飛行機を作り、行きたい国に行ける自信を見つけるためなのだ。

さて、大学生は皆学生時代に起業して大学をやめろというのか?そうではなく、言いたいことは、大学在学期間に、自分の頑張りたい目標を探し、もしも大学のときにそれを成し遂げる自信や能力があれば、退学も理解できないことではないと言いたいのだ。

自分の目標が見つかったが、それを成し遂げる自信と能力がまだたりないと思うならば、先に大学を卒業して社会経験を積み重ねることも良いと思う。それも大学に通う目的を果たしただろう。卒業したあとはどんな職に就いても、あなたはもう立派な大学卒業生だ。なぜなら、自分の頑張りたい目標を分かっているから、卒業後もいろいろと学んでいき、いつか自分の目標を達成できるようになるからだ

 

2、知識を増やし、無知を打倒

私たちはなぜ物事を恐れているのか?それはその物について何も知らないからだ。

起業したい!アップルを倒す企業を作りたい!これはとてもいい目標だが、次にどうすればいい?あなたは知らない。大学はその答えを見つけ出す場所だと思う。

「大学というのは、ただ図書館を囲んでいる建物のことだけだ。」

この言葉は大学生は図書館に通うべきと言っているだろう。知識を増やすことは、物事についての理解を深めることである。物事の全貌が分かれば、私たちは恐れなくなる。昔怖かったが、今は怖くない事を一つ思い出してみよう。

それはなぜか?間にあった変化は何か?それはきっと、そのことについての理解が深まったから、だんだん怖くなくなったのだろう。大学に通うことも同じ。頑張りたい目標が見つかり、次のステップを知らなかったら、次のステップは知識を増やすことだ。その目標がすぐに達成できるかどうか関係なく、それについて理解が深まれば、大学生として成功とは言えよう。

高校卒業に際し、これから頑張りたい目標が見つかっていない人は、大学に通うべきと思う。チケットを手に入れるのではなく、いろいろな分野の知識に触れるにつれて、自分の頑張りたい目標が見えてくると思う。

 

3,大学は出会いの場所

人が変わる理由は2つある:いい本を読んだか、いい人と出会ったかだ。

次の瞬間どんな人と出会うか分からない。日常生活で私たちが出会う人は制限がある。なぜなら、どんな生活を送っていたら、どんな人に会うからだ。類は友を呼ぶ。

しかし大学は少し違う。様々な人が集っている。大学に通っていたら、違う「類」の友達ができる。もしかしたら、あなたの価値観から人生まで変える人と出会うかもしれない。

想像してみよう。もし大学時代にあなたがスティーブジョブがルームメートなら、彼に影響され、今はアップルの創設者の一人になっているかもしれない。頑張りたい目標があり、知識も自信もあり、今度は舞台が必要なのだ。人と出会う事によって、自分の能力を発揮できる舞台が見つかるかもしれない。

大学生がすべきことは、たくさんたくさんの友達を作ることだ。

 

大学に通うべき?

もしあなたはまだこの疑問があれば、自分にこう聞いてみよう。「私は今頑張りたい目標があるか?」

答えが「ない」ならば、大学に通い、その目標を見つけるまで勉強したほうがいいと思う。

答えが「ある」ならば、次のステップが分かっている?分からなかったら、大学に通おう。知識を増やし、その目標に万全な準備を整えよう。

もちろん、自分の頑張りたい目標もあれば、次のステップも分かれば、それに自信と能力もついているならば、大学の卒業証書はもうあなたにとってそれほど重要ではないはずだ。

大学に通う目的はチケットを手に入れるためではなく、自分の頑張りたい目標を見つけることだ。

良い勉強生活をお祈りします。 🙂

Shen Lim
A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.

Leave a Reply