英語プチ学習|紛らわしい too ・also・as well の使い分け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

心の中にずっとこの疑問があった。too とalsoと as well は一体どうやって使い分けるだろう。

“Shen! You are cool too.”
“Shen! You are cool as well.”
“Shen! You are also cool.”

英語圏の友達と話すときによくこんなこと言われた。(まあ疑わないで、ぼくは確かにクールだよw)例えばどんな時にこんな言葉を言われるかというと、あなたが英語圏の人に

“Hey David, you are so cool!”
と言ったとしよう。David からの返事は

“Shen, you are cool too/as well”
こういうときにいつも惑わされるのが、too と as well何が違うのだろう?

too と as well が語尾で使うとき

調べてみたら、実は too と as well とも “in addition (さらに)” というニュアンスで使えるから、ほとんど違いはないらしい。

語尾で使うとき両方とも “〜も” というニュアンスになる。ただし、as well のほうが tooよりかたいのだ。

Shen! You are cool too/as well.
シェン!あなたもクールだよ。

 

too が語中で使うとき

ただし、語中で使えるのは too だけだ。

The room is too hot.
この部屋は暑すぎる。

日本語の “〜すぎる” を言いたいときは as well を使ってはいけない。

だめな例:
The room is as well hot. X

 

まとめ:
too と as well は語尾で使うときは違いがほとんどないが、too のほうが口語的。
語中で使えるのは too だけ、as well は語中で使えない。

——————————

too と also の使い分け

too as well also 使い分け

よくこんな質問される。

「シェン、too と also とも同じ意味で使えるじゃん。何が違う? He likes ice cream too と He also likes ice cream がね。何が違う?」

会話のときに、too と also は置替えできるのだ。

例えば、
Our friends went too.
Our friends went also.

両方とも「私たちの友達も行った」という意味になる。けど、意味は通じるが、 too が語尾に来るのが alsoより自然だ。also を使いたいときは

Our friends also went.

のほうが自然に聞こえるよ。 🙂 でも会話の時にはどっちを使ってもいいし、語尾でも語中でも大丈夫だ。too は語尾だけではなく、語中にも言えるよ。

They, too, wanted to see the movie.
彼ら、も、その映画を観たかった。

I, too, believe that children are more intelligent than they are given credit for.
私、も、子どもたちは思われるより頭がいいと信じている。

「〜すぎる」の too は also と置換えできない

上にも書いたが、 too は「〜すぎる」という意味で使えるが、also は使えない。

The room is too hot.
この部屋は暑すぎる。

also に換えたら意味が変わるよ。

The room is also hot.
この部屋も暑い。

ここは注意した方がいいね。 🙂

————————–

too と also の他にも使える言葉

文章を書くときに、異なる多様な表現で書いたほうが、読む側が退屈にならないので、tooとalsoの他にもいろんな表現を使ってみるのがいいと思う。「in addition (さらに)」 という意味の他の言葉は他にも:

as well
besides
in addition
additionally
furthermore
further
moreover
into the bargain
on top of that
what’s more
to boot
equally

ぜひ使ってみて下さい 🙂

他に質問があれば遠慮なくコメント欄で聞いて下さいね。

Shen Lim
A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.

This Post Has 10 Comments

    1. Leong Shen Lim

      そうですね。equally はちょっと難しいかも><でも慣れたら発音しやすくなりますよ^^
      ありがとうございます。本当は日本語で会話したらおかしくなったりしますけどねw 笑

      つい今日カメラ買ったので、これから日本語でビデオを作ったりする予定です。そのときは笑って下さい 笑w

      1. akina minami

        違いが分かり、すっきりしました!本の解説を読んでるだけじゃ、たまに首を傾げたくなる時があって笑

        わざわざ、お友達にも聞いて下り有難うございました!

        1. akina minami

          スマホから返信してるんですが、文字を打とうとするとコメント欄から記事topへと飛んでしまい、中々返事ができません(>_<)

          遅くまでありがとうございました!おやすみなさい(* ´I`)

          1. Leong Shen Lim

            ああそうですか?スマホのケアーが足りなくてすみません。私はコメントをテストしてみたのですが、大丈夫でしたが、あきなさんが打ちにくいという状況を具体的に説明していただければ対策を考えます。 🙂 よろしくお願いします。

            ではおやすみなさい 🙂

  1. akina minami

    この前、気になったことを質問させて下さい。

    ①This car is made in Japan.
    ②This car was made in Japan.

    この2つの文の違いは

    ①は車が日本製、TOYOTAやNISSAN製である
    ②は車は日本で作られたが、日本製ではないかもしれない

    と書かれてあったんですが合っていますか?
    ネイティブの方は、どうとるんでしょうか(*´ー`)?

    1. Leong Shen Lim

      あきなさん
      質問に対しての答えです^^

      あきなさんの言ったとおりです。 is made in Japan は日本で作られて日本のブランドという意味があるのに対して、was made in Japanは日本で作られたが、日本のブランドかどうかわからないということになります 😉

      ちなみに、私は英語のネイティブではありません。英語はマレーシアの公用語ですが、私の母語は中国語です。ネイティブの友達がとても多いので、あきなさんの質問を受けてすぐネイティブの友達に確認をとれました。また質問があったら聞いて下さいね^^私が答えられないものはすぐネイティブの友達に確認しますので 🙂

      頑張りましょう!

      1. Leong Shen Lim

        もう一つですが、

        was made の場合、特定の車を強調したいとき、しかも目の前にあるときに使うそうです。例えば友人の新車を見たとき、

        Oh! You have a nice car!
        Thanks! It was made in Japan.

        特定の目の前にあるものを言いたいときに使うそうですね。

        is madeは使ってもいいですが、日本のブランドをさすことになります。

        ややこしいですが、覚えましょう ><

Leave a Reply