僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?|Youtuber を目指す私の働き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から私は迷いません。

就職しないで Youtuber を目指すと決めたときから、私は多くの冷笑を受けてきました。なぜ大企業に入らないのか?商社に入ったら5年後年収1000万円だぞ。

私はずっともやもやしていました。Youtube に動画を作ることは正直に全然お金になっていません。

1年間自分の届けたいメッセージを工夫して動画に作って、やっと1万3千人のファンが付くようになったとはいえ、全然お金になっていません。

なのに、私は何かを感じました。Youtube でやっていることは継続すべきだと。就職して給料をもらうことよりも、お金を稼げていないけど、Youtube のほうを頑張らなければならないと。

心のどこかに感じています。

「なぜお金をもらえていないのに、私は Youtube のことを重要だと思うのか?」

自分にも分からない直感的なことでした。やっとこの本を読んで分かりました!「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」木暮太一著

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?|Youtuber を目指す私の働き方

 

私の疑問(なぜお金がないのに重要だと感じるのか?)を論理的に説明してくれた本です。

その論理が分かったから、私はこの働き方は間違いないと確信し、選んだ道を信じる勇気をいただきました。

本の内容を忘れたくないから、読んだ感想と自分の選んだ道への応用をこの記事でまとめていきたいと思います。

ps. この記事の内容は全て私が読んで理解したものです。著者本人の言いたいことと違ったりする可能性もありますので、本を買って丁寧に読むことをおすすめします。 🙂 

 

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?ー木暮太一

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?|Youtuber を目指す私の働き方

木暮さんとは2年前に縁があってAPUでお会いしました。そのときゲストとして来て下さった木暮さんは参加者一人ずつこの本を1冊くださいました。

2年間ずっと置きっぱなしだったことは失礼だと思いますが、逆に今の私が今のタイミングにこの本を読んでよかったと思います。

 

この本の主なメッセージとしては:
“目先の利益に捉われずに、自分の労働力の価値を積み上げ、土台作りの働き方をすべき”

 

なぜ Youtube はお金になっていないのに、私は継続すべきだと感じたか?その答えは、Youtube をやっていることは私にとって、土台作りをしていることと感じたからです。

労働力の価値?土台作り?これだけ見たらさっぱり分かりませんよね。では、これから一つずつ説明していきます。 🙂

 

おにぎり一個の値段はどう決まる?

早速ですが、皆さんは自分の給料はどうやって決まるかを知っていますか?

なんとなくスキルとか学歴とかで決まる感じかなという人が多いと思いますが、ほとんどの人はこの質問に答えられないのではないでしょうか?

私も答えられませんでした。

給料の構造を分かるために、まず普通の商品の値段の決まり方を見てみましょう。皆さんはコンビニに行っておにぎりを買った経験はありますよね?

さて、ここで質問です。おにぎり一個100円という値段はどうやって決まるか知っていますか?木暮さんの本でとても分かりやすく説明されています。

マルクスの「資本論」の解釈によれば:

 

“商品の「値段」は、その商品の「価値」を基準に決まる”
– 木暮太一
p.s マルクスの「価値」とは、「その商品を作るのにどれだけの手間がかかるか」です。

 

つまり、おにぎり100円一個を例でいうと、おにぎりの価値とは:

おにぎり100円 = 労働力 (10円) + パッケージビニール (5円) + 調味料 (5円 ) + のり (10円)  + 具 (20円) + ごはん (50円) (木暮、pg.65)

つまり、

商品の値段は = 原材料の価値の合計 + 労働力の価値 

 

です。価値が高ければ、値段も高くなります。低ければ下がります。

じゃあ、原材料を作るとき、おにぎりを握るときに、わざと時間をかけて作ったら、手間がかかって価値が高くなるのではないでしょうか?そうすると商品の値段も高くなりますよね?

企業側はきっとそうであってほしいでしょう。w けれど、現実社会で商品の価値は「社会的に認められている平均的な基準」です。

つまりこの例でいうと、おにぎり一個作るのに費やす労力は10円だと社会が決めています。

また、値段は「需要と供給」の関係で決まると私たちは教わってきましたが、実はそれは二次的な要因です。

どういうことかというと、まず100円という値段の基準値が決まって(商品の価値によって)、そして需要と供給の関係で120円まで上がったり、80円まで下がったりします。

その100円という基準値を決めるのが値段の本質だということです。

 

労働力も商品、給料はどう決まる?

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?|Youtuber を目指す私の働き方

まず一つ覚えておかなければなりません。それは、私たち労働力も商品であることです。企業は私たち労働力を買って利益を生み出します。 給料はつまり、私たちの値段です。

さて皆さん、なぜ給料は新卒だいたい月20万円であるかを知っていますか? マルクスの資本論によれば、資本主義経済の世界では、

 

給料 =「明日も同じ仕事をするために必要な費用」

 

だからです。つまり、私たちが新卒の段階で生活に必要な分は月20万円だと社会が平均的に決めているわけです。

明日も同じ仕事をするために食事が必要、住宅が必要、制服が必要、気晴らしのための飲み代が必要、など。それらを足していくと、だいたい20万円は必要だろうと社会が決めたのです。これは「必要経費方式」という。

そして、年をとるにつれて、給料も上がりますよね。「年功序列」ということです。これは好き嫌いありますが、理屈は「年をとるにつれて生活費が上がる」からです。

子供の教育費、住宅の拡大など、つまり給料が高くなりますが、それも必要な分だけです。

 

知識・経験の積み上げも労働力の価値となる

だから年収1000万円のプレーヤーになっても、あまり余裕がないという人が多いのではないでしょうか。なぜなら、もらっている給料はあくまでも生活費に必要な金額だけだからです。

しかし、労働力の価値はもう一個大事な要素があります。それは、「スキルの価値」も労働力の価値として評価されることです。

 

労働力の値段(給料)= 労働力再生産必要な価値 (生活必要分)+ スキルの価値

 

スキルの価値とは、その仕事をこなすのに必要な知識・経験を身につけるのにかかる労力のことです。つまりある分野で専門知識と経験が豊富であるほど、それを取得するまでかかる労力が大きいから、労働力の価値として評価されます。

企業が雇う取締役やアドバイザーなど考えてください。

私たちは毎日時給1000円で必死に長時間働いているのに、彼らはたまに企業に呼ばれてミーティングをするぐらいだけなのに、もらっている給料は私たちよりも何倍も高いのが事実です。

彼らは自分の過去から積み上げてきた知識・経験・ノーハウを駆使し、アドバイザーの仕事をやっているのです。そしてそれらの積み上げは労力がかかるものだから、労働力の価値として評価されます。

だから労働時間の割には、高給なのです。

 

もう一つの例。自己表現力を教える講師をやっている30代の友達がいるのですが、彼は三日間の講座を開くだけで200万円の収入を得ているという!

「明日も同じ仕事をするために必要な費用」をもらうより、彼がもらっている給料は明らかに多いですね。生活必要な分以上にもらっているから、彼は余裕があります。

そして彼の成功を決めているのは、「スキルの価値」です。

彼は大学卒業後普通にベンチャー企業に入り、毎日の仕事で営業のノーハウを身につけるだけではなく、仕事以外にも心理学や自己表現力についての勉強と研究をしていたそうです。

そうやって「スキルの価値」を積み上げて、やっと講師になれ、今の高給を手に入れているわけです。

 

「毎日全力ジャンプする働き方」と「土台作りの働き方」

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?|Youtuber を目指す私の働き方

 

労働者は二つのタイプがあります。それは「毎日全力ジャンプする働き方」と「土台作りの働き方」です。

残業して今日の残業代、ノルマを達成して当月のインセンティブを狙う!やった!インセンティブをもらえてその月の給料が高くなった!。。。けれど、翌月また同じ給料に戻って、ノルマを達成するためにジャンプする。

 

毎日全力ジャンプする働き方 = 目先の利益のために働く
(労働力の価値を上げず、労働力を消費する)

 

労働力の価値を上げようと努力せず、インセンティブという目先の利益だけ考えて頑張ってジャンプするタイプです。

確かに頑張ってジャンプしたら(残業など)高いところまでは届きますが、翌日また同じ高さに戻って、またジャンプを始めなければなりません。

これは「後に残らない努力」です。ただ「労働力を消費している」だけです。

それに対して、「土台作りの働き方」は、「労働力を投資する」考え方です。ノーハウを積み上げて5年後にはもともと10時間の労力を要する仕事を、たった1時間で終われるようにします。

そのノーハウが評価されて「スキルの価値」が上がって給料も上がります。

 

土台作りの働き方 = 長期的な資産を作るために働く
(労働力を投資し、労働力の価値を上げる)

 

もちろん、「毎日全力ジャンプする」タイプもやっていくうちに、ノーハウは身に付くでしょうが、目指しているものが違うのです。「毎日ジャンプタイプ」は目先の利益を目指して働いています。

「土台作りタイプ」は長期的な資産作りを目指して働いています。 意識の差で、その努力は後に残るか残らないかが違ってきます。

 

 デパート一日立つ仕事をどうすればいい?

全ての業種において「土台作り」ができるのです。意識の切り替えがポイントです。

例えば、アルバイトでデパートで一日8時間立つという仕事があります。この仕事をする人間は2種類あります。

  • 「毎日全力ジャンプするタイプ」:ただ立っているだけ。残業してあと5時間ぐらい立って時給を狙う
  • 「土台作りダイプ」:立っているだけではなく、接客や店舗運営など自分でいろいろと意識しながら学び、お客さんと話す事で関係を築く

前者は目先の利益(時給)を狙って、仕事が終わったら何が残るかというと、一日立っただけの疲れです。もらった時給と残業代は正に「明日も同じ仕事をするための回復費用」です。

後者は自分の長期的資産を作ることを意識し、仕事が終わったら疲れだけではなく、気づいた店舗運営、販売スキル、ましてお客さんとの関係、全ては将来のいつか役に立つ資産です。

意識の違いだけで、このデパートで一日立つ仕事が繋げてくれる将来性は違ってくるのです!

 

Youtube は土台作り

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?|Youtuber を目指す私の働き方

では、ここまで来て、私の疑問とどうつながるのか?

Youtube はお金になっていないのに、なぜ私はやるべきだと感じたのか?木暮さんの本を読んでやっと分かりました。

 

それは、私は土台作りをしているからです。

 

そう感じた点は2点あります:

  1. 自己表現力が向上した
  2. 本の出版や講座を開く目標のための土台を作ってくれた

 

1. 自己表現力の向上

一年間20個ぐらいの動画を作りました。(本当はもっと作りたかったが、勉学とバイトの両立が厳しかった)

自分の動画を振り返ると、やはり一作目の動画と比べて、最新の動画のほうがクォリティが良いことに気づきます。話し方であれ、流れの構成であれ、内容とネタ、タイミングとユーモアなど全部上手になりました。

これらの知識・スキルは陳腐化しないものです。

デジタル技術がいくら進んでも、動画を作って四角いスクリーンの中に放送するなら、動画の構成、話し方、分かりやすく伝える力、ユーモアのテクニック、これらのスキルはいつまで経っても使えるものです。

まさかとは思いますが、動画作りから学んだ話すテクニック、自己表現力、ストーリー構成力は全部、ツアーガイドをするとき活きました!おかげさまで、私を指名するリピーター観光客が多かったです。

これらの点が線でつながって面になったという実感をしています。自分の将来のために土台を作っていると実感しています。

2. 本の出版や講座を開く目標のための土台作り

私はマレーシアの社会で生きている若者たちに自分の考えた「正しいマインド」を伝えたくて、前から本を出版したり、講座を開いたりする考えがありました。

でも何者でもない私がいきなり本を出版すると言っても、誰も読んでくれません。 Youtube はその土台を作ってくれました。

私は去年の6月からチャンネルを始めたのですが、当時のフォロワー0人から今の1万3千人まで成長しました。次は10万人を目指しています。

昔の自分なら、「本を出版したぞ」と言ったら、ハエも飛んでこないぐらい惨澹でしょう。家族と友人が読んでくれるぐらいかな。

けれど、 Youtube のフォロワーが1万3千人、これから10万人になる可能性も十分あります。そうなったとき、私が「本を出版するぞ!」と言ったら、恐らく私の動画を観ている人たちの一部は読んでくれるでしょう。

講座も同じです。「Youtube 動画をうまく構成する方法」という講座を開こうとしたら、私を観ている人の一部は興味を持ってくれるでしょう。

今の点が、将来の線と面になる土台なんだと、ようやく分かりました。

 

「資産を作る仕事を、今日はどれだけやったか?」

木暮さんの本の中に読者の皆に投げかけた質問です。毎日終わる前に自分に必ずこう聞いてください。

答えが疲れだけ残るというならば、その日は「労働力を消費した」だけになります。

「いいえ、今日はこれを学びました。これは将来こうこう役に立つかも」と答えられたら、それは「労働力を投資した」ことになります。

Youtube 動画を作ることは何のお金にもなっていないが、私はこれを「投資」だと考えています。実際にこの投資による報酬(前述の土台作り)もちょこちょこ出たりしています。

なので、私は信じることにしました。木暮さんのサインと共にもらった言葉を思い出します。

 

「今日作った資産を大事に」

 

これまでときどき「なぜ Youtube なんかやっているのか」と自分を疑ったりしましたが、今日から私は、もう迷いません。

あなたはどうですか?資産を作る事を、今日はどれだけやったか?

A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.