ミャンマー人は日本人と似ている?!日本留学で一番大きな学びとは | 日本ツアーガイド珍道中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

先週から始まった6日間のミャンマー12名日本ツアーを無事に終わりました!

この間ミャンマーからの2名ツアーのガイドをしましたが、正確に言うと今回のミャンマーの団体ツアーは初めてでした。結論から言えば、「ミャンマー人は本当に日本人と似ているなー」と思いました。

今日は6日間ミャンマー人と一緒に過ごしてきたいろんな気づきをまとめて皆さんに伝えたいと思います。日本とミャンマーとの間の相互理解に少し貢献できたら嬉しいです。^^

p/s この記事に書いてある内容は全て私がお客さんから感じたことで、全てのミャンマー人がこの通りだとは限らないことをご了承くださいね。

ミャンマー人は日本人と似ている?!

ミャンマー人は日本人と似ている?!日本留学で一番大きな学びとは | 日本ツアーガイド珍道中

 

似ているとこ①:人に迷惑はかけてはいけないから

この6日間の間に、何回かこんなことがありました。

「ちょっと今両替できる場所がないんですが、まず友達に立て替えてもらって、そのあと両替して返したらどうですか?」
「うーん、人に迷惑をけけてはいけないから。。。観光しなくても大丈夫だから、ここらへんで一緒に銀行を探してくれません?」

 

「 H さん、何で店に入らないんですか?」
「ソフトクリムを食べているんだけど入っても大丈夫かな??」

 

 

「大丈夫ですよ、私から先に1万円を貸すから、後で両替できたら返してくれたらオッケーです。」
「うーん。。。。」(めっちゃ悩んだあと私の提案を引き受けました。」

(両替できた瞬間。。。)

「シェンシェン!まず1万円を返すね!」(わざわざ言うこともなく)

……

この6日間毎日ツアー終了後なんと、バスの席にゴミ一個もありませんでした!ミャンマー人は本当に「他人に迷惑をかけてはいけない」ということを常に心がけて行動しているんだなーと実感しました。

そういう面では日本ととても似ていると思いました。私は日本に来る前に「気配り」という言葉の意味を知りませんでした。来日したばかりのとある日、翌日寮長と一緒にサイクリングに行こうと約束して、寝坊してしまったのに寮長さんが起こしてくれなかったことに怒ったことがあります。

そのときの私は「約束したから寝坊したら起こして一緒に行くのは普通だろう」と思っていました。けれど、後々考えたら、「シェンはぐっすり寝ているから、バイトで疲れているだろう」と寮長さんはきっと思いやってくれたからでしょう。

シェンにとって日本に来てから一番の学びとしては何?と聞かれたら、迷わず私の答えは「自己本位」から「他人本位」になったことです。ミャンマーのお客さんのこれを見て日本と似ているなーと強く思いました。

 

似ているとこ②:人の話に耳を傾ける

この前ガイドしたインドネシア人のシニアのことを思い出します。

「はい皆さん、明日の朝は。。。」
「シェン Wifi 教えて!」
「シェン朝食はどこ?」
「シェンモーニングコール何時?」
「シェン。。。シェン。。。シェン。。。」

インドネシアの方は話を聞いてくれませんでしたw 笑 私が彼らの質問に答えたら、勝手に解散して部屋に行ってしまうことも 汗。 しかし、今回のミャンマーのお客さんはなんと、バスに乗る前、降りる前、チェックインの前、食事する前、全部ツアーガイドとツアーリーダーの話を静かに聞いてくれました!「自由だ!解散!」と言わない限り、皆は勝手に解散しないし、質問も割り込みません。

何より驚いたのは、最後の日にバスの中で皆一人ずつ感想を言ってもらうときに、静かに真剣に他人の感想を聞いて、拍手なり納得の表情なりリアクションをくれました。なんとなくですが、ミャンマーの方は「起承転結」という感覚になれているのではないかとふっと思いました。

ちゃんとオプンニーングの挨拶、締めの言葉をするのは、私にとって日本に来てから初めて学んだことです。今でもマレーシアで食事会に参加するとき、ちゃんと互いの紹介も挨拶もなしで自由にやってって感じの食事会が多い気がします。

多くのマレーシア人はまだ日本人のように「紹介(起)、話す(承)、アクティビティ(転)、締め(結)」という流れを無意識的に意識して行動することはなかなかできていないと思います。これもまたなぜ日本人は海外のイベントに出るときにたまに違和感を感じる理由の一つなのではないでしょうか。

 

おすすめ記事:人に覚えてもらえる自己紹介のポイント6つ

 

似ているとこ③:感謝の心

ミャンマー人は本当に純粋で感動しやすいです。私が彼らの名前を正確に呼べたとき、ちょっとしたクッキーを皆に配ったとき、彼らの質問のためにいろいろ調べてからちゃんと答えるとき、手作りの折り鶴を渡したとき。。。

「シェン、私は貴方のことを絶対に忘れませんよ。ありがとう」(ツアーリーダーの通訳を通して言ってくれました)

その言葉を言ってくれたときの目つき、どうしたら感謝の気持ちが伝わるか迷っている表情、全て伝わってきます!本当に言葉だけでは表現できないことがあるなーと思いました。彼らの私を見ている目線、口元に微笑みを浮かべながら私の話を聞いている姿(言葉は通じないのに)、皆は常に感謝の気持ちでいることが分かります。

日本ツアーガイド珍道中|ミャンマー人は日本人と似ている?!日本留学で一番大きな学びとは

大仏にお祈り中

更に、鎌倉大仏で大仏にお祈りをするときの真摯の姿勢は感動的でした。5分も続くお祈り、祈っている間に皆の心の中はきっと感謝の気持ちでいっぱいでしょう。だからこそ些細な幸せに皆は素直に、自然に応えてくれているんですね。

日本人も常に「人と人とのつながり」を大事にすることを心がけています。お礼の言葉はちゃんと言う、お礼として何かを差し上げる、送別のときはメッセージカードを書くなど、常に「出会ったこと」に対して感謝しています。そういう面でミャンマー人は日本人と似ているなーと感じました。 🙂

 

 

 

日本留学で一番大きな学び ー「気配り」と「感謝の心」

日本に来てから早くも6年が経ちました。留学生が聞かれる質問の中で、「日本で何を学びましたか?」という質問はよく聞かれます。

技術、知識、ビジネス、日本語。。と言いたいところですが、よくよく考えてみたら、私にとって日本で得た一番の学びは、「和の心」だと私は呼んでいます。それは具体的に何かというと、定義は人それぞれですが、私の定義では「他人本位」の考え方だと思います。

 

BEFORE のシェン:だからこうしたほうがいいってと、俺はさと、あいつさと、おれのせいじゃないだろうと考えがち。

AFTER のシェン:あなたはどう思いますかと、どうでしたかと、これを言ったら彼は傷付いちゃうかなと、これはもしかしたら私の力不足なのでは?と意識する。

 

日本留学を通じて私は「自己本位」から「他人本位」を意識するようになりました!

更に具体的にいうと、多分「気配り」と「感謝の心」だと言えるでしょう。「こういうとき相手は何をされてほしいんだろう」と、「ここにいられることは幸せだ、縁があるね」というふうに思えるようになったのは、正に私の日本留学において学んだ一番大きなことです。

 

なる好ど!

他の国の言語、人、文化と接することによって、私たちは自分の文化、自分とはどんな人間かということを再認識することができます。

日本に留学に来たおかげで、私は BEFORE の「自己本位」のシェンを再認識でき、「和の心」である「他人本位」を心がけることに転換できました。今度はこれの良さをより多くの人に伝えていきましょう!

 

「人生は本一冊である。旅に出ないことは、最初のページをめくらないのと同様。」とツアーの最初の日に私は皆に言いました。

「本を読むことで見聞を深めることも大事だが、一緒に本を読む仲間を作れることは何よりだ。」と最後の日に私は皆に言いました。「一期一会」という言葉をミャンマーの皆に教えてツアーを終了しました。:)

 

———–

今回のツアーは化粧品メーカー Nivea のインセンティブ・ツアーです。タイの Niveaの社員3人とミャンマー市場のディストリビューターたちとのツアーでした。写真を少し見せましょうw:

日本ツアーガイド珍道中|ミャンマー人は日本人と似ている?!日本留学で一番大きな学びとは

ミャンマーから来たツアーリーダー:マイケルさん!スーパーーーー優しい人で大好きです!

 

東京タワー

東京タワー

日本ツアーガイド珍道中|ミャンマー人は日本人と似ている?!日本留学で一番大きな学びとは

ツアーの中にタイ人が二人 🙂

日本ツアーガイド珍道中|ミャンマー人は日本人と似ている?!日本留学で一番大きな学びとは

タイ Nivea の社員の一人。とても元気で素直な人で大好き!いつも「シェン、一緒に座って食べようよ」と誘ってくれる

 

大仏に真摯なお祈り

大仏に真摯なお祈り

日本ツアーガイド珍道中|ミャンマー人は日本人と似ている?!日本留学で一番大きな学びとは

芦ノ湖クルーズ

 

明治神宮でミャンマーの明日のために願いを書いた

明治神宮でミャンマーの明日のために願いを書いた

 

大湧谷で私の師匠ーエルシーさん(右1)と遭遇!

大湧谷で私の師匠ーエルシーさん(右1)と遭遇!

浅草寺でフリープラスの仲間と遭遇!

浅草寺でフリープラスの仲間と遭遇!

 

タイ、ミャンマーのお客さん、ミャンマーのツアーリーダー、ドライバーさん、14名のために折り鶴を作った。皆ありがとう!

タイ、ミャンマーのお客さん、ミャンマーのツアーリーダー、ドライバーさん、14名のために折り鶴を作った。皆ありがとう!

 

ミャンマー人は日本人と似ている?!日本留学で一番大きな学びとは | 日本ツアーガイド珍道中

静かな Cさんは可愛い面もあるw 皇居

最後の日に皆一人ずつツーショットを要求してきた!うれしい!

最後の日に皆一人ずつツーショットを要求してきた!うれしい!

皆ありがとう!また日本に来てね ^^

皆ありがとう!また日本に来てね ^^

Shen Lim
A Chinese Malaysian, Blogger, Vlogger on YouTube, Tour Guide in Japan. He believes 1 day his videos can bring Japan and Malaysia together. マレーシア華人、ブロガー、YouTubeクリエイター、日本にいるツアーガイドです。いつか自分の動画は日本とマレーシアを繋げる架け橋になると信じています。 Read more ABOUT him.

Leave a Reply